【レシピ】姜葱醤(ジャンツォンジャン)はいろんな料理がワンランクアップする魔法の調味料だった!

みなさんは「姜葱醤(ジャンツォンジャン)」ってご存知でしょうか?管理人は人から勧められて初めて知ったのですが、使い勝手がとてもよくて家庭に1つ常備すべきと思ったほどよい商品でした。

今回は活用レシピと共に姜葱醤(ジャンツォンジャン)の魅力をご紹介します!

姜葱醤(ジャンツォンジャン)とは?

商品画像

姜葱醤(ジャンツォンジャン)は、すりおろし生姜とネギ油をあわせた調味料です。

原材料は

  • しょうが
  • ねぎ油
  • チキンエキス

などとなっています。中華でよく使われる材料ばかりですね。

姜葱醤(ジャンツォンジャン)のお味は?

ジャンツオンジャン

ますは、姜葱醤(ジャンツォンジャン)をそのまま食べてみます。

瓶を開けただけでネギと生姜のいい香りがします。香りだけでもうおいしいです!結構油も入っていますね。

そのまま食べてみると、すり下ろし生姜の風味が強いですね。辛味も十分あります!油のクセがないので幅広い料理に使えそうだと感じました。

管理人

材料は中華で使われるものばかりだけど、これは中華以外の料理にも使えるな…!

レシピをいろいろと考えてみた

生姜の辛味がアクセント!塩焼きそば

焼きそば

分量(1人分)
焼きそば麺 170g
豚肉 100g
キャベツ 50gくらい
サラダ油 小さじ1
姜葱醤(ジャンツォンジャン) 大さじ1
ガラスープの素 小さじ1
酒 小さじ1
塩こしょう 少々

1.具材を切る

豚肉とキャベツを一口大に切る。

2.フライパンにサラダ油を引いて麺を焼く

焼きそば麺を焼く

「焼きそば」なので、麺を焼きます。焼くことで麺がほぐれやすくなりますよ!

3.麺を取り出し具材を炒める

具材を炒める

麺を焼いたときに油を引いているので油は加えなくても大丈夫です!鉄のフライパンや心配な方は少し油を加えてくださいね。

4.塩こしょうで味付け

具材に味をつけておきます。

5.麺を入れて酒でほぐす

麺と具材を炒める

麺を加えてその上からお酒を加えます。麺をほぐしながらアルコール分を飛ばしましょう。

6.調味料をいれてさっと合わせて完成

味付け

姜葱醤(ジャンツォンジャン)とガラスープの素を入れてさっと合わせて完成です!

POINT

麺と調味料を入れた後はさっと火を通す程度にしましょう!
長く火にかけていると麺の水分が飛んでパサパサしたり、姜葱醤(ジャンツォンジャン)の生姜が焦げてしまったりします。調味料を入れたらさっと合わせるくらいがよいですね。

火を通すとより香りが広がって、まさに本格中華の香りがします!この香りだけでご飯行ける…!

管理人

いただきま〜す!

生姜の辛さも残っているので大人向けの塩焼きそばになっています。この風味は豚の旨味やキャベツの甘味ともよく合います。焼いた麺の香ばしさもいいですね〜。

味付けは姜葱醤(ジャンツォンジャン)とガラスープだけなのに、奥深い味が楽しめますよ!

チンジャオロース

青椒肉絲

分量(2〜3人前)
豚肉 200g
ピーマン 2個
たけのこ 150g
たまご 1個
片栗粉 大さじ1
塩 少々
酒 小さじ1
サラダ油 大さじ1×2
姜葱醤(ジャンツォンジャン) 小さじ1
にんにく 1かけ
オイスターソース 大さじ1半
醤油 大さじ1
味の素 少々

1.具材を切る

具材を切る

お肉

豚肉、ピーマン、たけのこは食べやすい細切りにします。にんにくはみじん切りにします。

2.豚肉にたまご、片栗粉、塩、酒を揉み込む

豚肉コーティング

コーティング

豚肉にコーティングすることで、お肉が柔らかいまま火を通すことができます。また、味付けの調味料が絡みやすくなるという利点も!

3.油を引いてピーマンとたけのこを炒める

野菜を炒める

サラダ油大さじ1をフライパンに引いて、最初にピーマンとたけのこをさっと炒めます。

4.一度ピーマンとたけのこを取り出す

たけのことピーマンに油がまわったら、一度取り出しましょう。

5.また油を引いて豚肉を炒める

肉を炒める

もう一度サラダ油大さじ1をフライパンに引いて今度は豚肉を炒めます。

6.調味料を入れてさっと炒める

調味する

豚肉に概ね火が通ったら、ピーマンとたけのこ、姜葱醤(ジャンツォンジャン)、にんにく、オイスターソース、醤油、味の素を入れてさっと炒めて完成です!

POINT

野菜に火を通して一度取り出すことで、火が入りすぎずシャッキとした食感を残したまま仕上げることができます!

炒めている時から姜葱醤(ジャンツォンジャン)の生姜のいい香りがします。これは食欲をそそりますね〜。

管理人

早速食べてみます!

野菜のシャキシャキ感がいい!お肉が硬くなくてふわふわしてますよ〜。

それにオイスターソースのコク、醤油の香ばしさ、姜葱醤(ジャンツォンジャン)の生姜の香りがめちゃくちゃバランスよく感じられます。生姜の辛味はないので、お子様でも食べられる味ですね!

自宅で簡単にできる本格中華の味付けでご飯が進む進む。野菜とお肉の量はお好みで調整してくださいね。


冷奴のタレ

冷奴

分量
豆腐 お好きな量
姜葱醤(ジャンツォンジャン) 適量

お豆腐に姜葱醤(ジャンツォンジャン)を乗せる

お豆腐に乗せるだけで完成です!

管理人

いただきます!

たったこれだけですが、生姜の風味に加えてネギ油やチキンの旨味があるのでどんどんお箸が進みます。調味料一つで十分おいしい冷奴ができました。

お醤油を風味づけ程度に少し垂らしてみたら、生姜の風味がより引き立ちました。醤油の香ばしさがとてもよく合いますね。

姜葱醤(ジャンツォンジャン)冷奴にお醤油を加えたものを崩してご飯に乗せても絶対おいしいと思います。

チャーハン

チャーハン

分量(1人分)
ご飯 1杯分
たまご 1個
長ネギ 10センチくらい
姜葱醤(ジャンツォンジャン) 小さじ半分
ウェイパー 5センチくらい

1.具材を切る

長ネギをみじん切りにします。

2.卵とご飯を炒める

ごはんと卵を炒める

フライパンに油を引いて、卵とご飯を炒めます。ここからはスピード勝負!

3.具材と調味料を入れてさっと炒めて完成!

ご飯がほぐれてきたら、長ネギ、姜葱醤(ジャンツォンジャン)、ウェイパーを入れてさっと炒めます。全体がよく混ざって馴染んだら完成です!

POINT

姜葱醤(ジャンツォンジャン)に味がついているので、ウェイパーは普通より控えめの量がおすすめです!

管理人

早速食べてみます!

これはお店で食べる本格チャーハンの味ですね!普段のチャーハンに生姜のいい香りが加わるだけでワンランクアップするとは…!

このレシピでは具材をたまごとネギだけのシンプルなものにしていますが、お好みの具材を入れて作ってみてくださいね。


まとめ

姜葱醤(ジャンツォンジャン)の特徴
  • 生姜とネギ油の風味が最高!
  • さまざまな料理をワンランクアップさせてくれる!
  • 使えるレシピは無限大!

今回ご紹介したレシピ以外にもさまざま使えると思います!中華だけでなく和食にも活用できて、これ一つで本格的な料理に大変身でした!

通販で気軽に手に入れられますので、ぜひ使ってみてくださいね!

商品情報

商品名 姜葱醤(ジャンツォンジャン)
販売元 神戸物産
180g
賞味期限 1年半程度(開封前)
商品URL https://www.gyomusuper.jp/item/detail.php?go_id=3725


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です